胸を張れ!筑紫高校ラグビー部

惜しくも福岡県予選準決勝で負けた筑紫高校のことが

西日本新聞のデスク日記に書かれていましたの紹介します。

 

小四の長男用に「子ども菜根譚」を購入した。

中国の明代に書かれた古典の一部をわかりやすく編集したのだが

人生を指南する言葉は大人の迷いも消してくれる

先日あった高校ラグビーの福岡県大会準決勝、

筑紫対小倉は21−21でノーサイド

小倉が抽選で決勝に進んだ。

注目はこの抽選でのやり取り

敗退が決まった筑紫の主将はわずかに表情を歪めたが

取り乱すことなく小倉の主将と検討をたたえ合い決勝へのエールを送った

一方、小倉の主将も喜ぶい表情やそぶりさえ見せない

しばし、抱き合った二人から相手を敬うラグビーの精神が伝わった

小学生のラグビーを教えながら悩むのが、今優先すべきなのは

心か技かという点だ「菜根譚」にこうある

「徳は才の主にして、才は徳の奴(ど)なり」

才能を使うのは人格で、人格こそ才能に最も必要だ

筑紫、小倉の両主将の振る舞いに感動しつつ

心の教育の大切さを学んだ。

 

このようなことが書かれてありました。

我々の幼児教育にも通づることです

そして、筑紫のキャプテンはもみの木幼稚園出身

素晴らしいラガーマンに育っていて誇らしいです

Contact

ブログの感想は
(無記名 匿名の方はご遠慮ください)