選択

息子ネタ

 

去る、2月の新人戦決勝 VSヒガシ戦

残り5分、息子がタックルに行った後、

起き上がれず様子がおかしい。その後腕が上がらない

その晩、病院に行くと「関節唇損傷」脱臼?

その後、肩専門の二つの病院で診察を受けるも

手術をするなら半年近くプレー不能

高校でのラグビー生活も残り8ヶ月余りを考えると

ドクターは手術は進めず、テーピングをし、コンタクトプレーをできるだけ避ける

プレースタイルに変えて続けた方がいいというドクターの見解。

私も、

手術をしたからといって、当然再発の可能性もあるし

他の怪我もありうる。何よりも永い間、仲間とプレーできず

当然レギュラーの道は遠のく

そんな、リスクを全て話したが、息子は即答だった

 

「プレースタイルを変えて、レギュラーを取れたとしても嬉しくない、レギュラーになれなくても、その他の怪我をしたとしても全力でやりたい・・・だから手術をしたい」

 

う〜ん・・・なかなか覚悟の決まったことを言ってくれた。応援するしかない。

ラグビーやらせていてよかった。でも鍛えてくれるコーチ、励ましてくれる仲間に感謝しかないですね。

Contact

ブログの感想は
(無記名 匿名の方はご遠慮ください)