Breakthrough

「こうあるべきだ」「こうしなければならない」

もちろん信念的な考えはあった方がいい

しかし、保育の中でそれが強すぎてしまうと

子どもの可能性にストップをかけ

いつのまにかそれがあたりまえの保育になる

無意識が一番怖い。その無意識に疑問を持ち

Breakthroughできるか

幼児教育には答え的なものは少ない

しいて挙げれば、それは子どもの姿

子どもが「やってみたい」という姿がもっと増えるように

自分の無意識をBreakthroughしている真っ最中。

未来予想図がイメージできているから、楽しい

Contact

ブログの感想は
(無記名 匿名の方はご遠慮ください)