集大成への序章

一年間の集大成である発表会に向けて

本番会場でのリハ開始

もみの木を2日間じっくりと観た

昨年の反省点を活かし、今年もチャレンジする

『現状維持は後退』好きな言葉

昨年と同じでいい・・・こんな考えでは後退どころか衰退かも

チャレンジしてやっと昨年のレベルを維持できるという意味

発表会という行事で子どもの無限の可能性を引き出したい

でも、それは自分できることを増やすことや

苦手なことにもチャレンジするということ

『どの子もできる』

『どの先生もできる』

この言葉を信じ続ける。

Contact

ブログの感想は
(無記名 匿名の方はご遠慮ください)