息子の夏

我が家の寡黙な息子(小3)の夏休みは・・・

■7月下旬 無理やりさせているラグビーの合宿(2泊3日)に九重に行ってきました。行く間際の会話

父 「大丈夫やけん行ってこい」

息子「・・・(顔面蒼白)」

父「大丈夫!でも挨拶と、う○こはせないかんよ!」

息子「は・・・い」

と!不安と期待が入り交じっていましたが、何とか無事に帰ってきました。コーチからも

「太朗は頑張ってましたヨ。根性はある!お父さん誉めてやってください!」と言って下さり、私は相当嬉しかったです。息子に

「どうだった?」と聞くと

「もうし少しでトライが取れそうやった!また来年行く!」

と涙が出そうなコメントをもらい、ホッとした父でした。

太朗ラグビー.JPG

 

■続いては8月下旬に熊本まで2泊3日の農村留学に行ってきました。釣りやキャンプに連れていっても所詮は都会っ子。様々な経験を積ませたいと思い、「カブトやクワガタがたくさん取れるらしい」とか「川遊びが相当楽しいらしい」とか適当に興味を持たせ、何とか一人で行かせることに成功!

集合場所の博多駅ではまたまた顔面蒼白

父「何か不安とや?」

息子「・・・」

父「大丈夫!でも挨拶と、う○んこはしとけよ」

息子「わかった・・・」

と、何とか出発しました。かなり田舎だったようですが、受け入れのご夫妻もとてもやさしい人だったようです。帰って来た時は、珍しくずっと語っていました。私もこんなに話す息子は初めてみました。そして、虫かごにはたくさんのカブトやクワガタが入っていました。

父「また、行きたい?」

息子「うん、でも次は漁村留学のほうもいいなあ~」

と何かちょっぴりだけど息子の成長を感じたこの夏です。

 

太朗キャンプ.jpg 

 

Contact

ブログの感想は
(無記名 匿名の方はご遠慮ください)