BLOG

くすの木幼稚園 『最後の時』と分かっていても…(関)

この2~3週間は、

小学校や中学校の運動会でお忙しい保護者の方が

多かったのではないでしょうか。

熱中症対策でプログラムが調整されたり、

この週末は天候が心配されたりもしましたが、

どこも延期になることなく無事に開催できたようで、

本当に良かったです。

運動会は、天候の良し悪しですべてが決まる…

と、言っても過言ではないですよね!

だって…家族分のお弁当を作るって、

オオゴトじゃないですか?

「明日あるとかいな、延期かいな」

前日の準備段階からこの状態では、もう、

(私には)大きすぎる問題笑。

場所取りだって、私には難題。

主人が休みの時は行ってくれますが、

休みでなければ、自分で行くか、諦めるか。

自分で行くとなると、

これまた結構な時間からお弁当を作らないと

並べないわけで。

まあ、そんなこんな?で、私には結構オオゴトな運動会。

その運動会も、三女が中3の今年、最後を迎えました。

もちろん、

高校生になってからだって運動会はあるのですが、

『お弁当作ってみんなで』や『場所取り』は、

(我が家は)してません。

「最後やね~」この言葉を何度か発しながらの準備段階。

三女が出る競技の話。

(長女の時はこうだった、次女の時はこうだった、なんて言いながら)

場所取りの話。

(今年はもちろん、主人が!…ナゼか次女も連れていかれてましたが笑)

お弁当を食べる話。

(最後なのに、次女は観にも来ず、祖父母も来れず3人で)

当日も、主人と二人で眺めながら

「最後やね~」がしょっちゅう出て来る。

ただ。

『最後』だとわかっているのに、

何も特別なことができない私(と主人)。

お弁当にいつもより力を注ぐわけでもなく、

最後くらい良い場所を…と気合を入れるわけでもなく、

応援にいつも以上に熱が入るわけでもなく…。

すべていつもと一緒。

ちょうど二年程前、

このブログで『最後の時』の詩を紹介しました。

どんなことにも『最後の時』がくる。

それを分かって迎えるのと、

知らずに迎えるのとでは、

何か違う…?

それは、きっと、人それぞれですよね。

でも、「あれが最後だったの…?」と、

後になって気づくことは…

ちょっとツライ?カナシイ?サビシイ?

…そんな切ない気持ちになります。

長女の保育園時代から数えると、

今年で19回目の運動会。

家族で迎える最後の運動会でした。

最後だからと特別なことは何一つしていませんが、

それでも

ちゃんと心構えして、しっかりと見届けてきました!

今度来る『最後の時』は、何かな~…!!

 

運動会で、朝早くからのお弁当作りや場所取りを頑張った

お母さん、お父さん、

本当にお疲れさまでした!

NEW

ホームへ戻る >