BLOG

もみの木幼稚園 本との出会い(鷹取)

早いもので今年も残り一ヶ月となりました。

先日の保育参観で本の説明をしましたが、

私も本が好きで、本の置き場所がないくらいに

増えてきました。

幼稚園の頃は、先生に読んでもらいたくて

家の本を鞄に入れて持っていったのですが、

先生に言い出せなくて、結局そのまま持って帰った

思い出があります。

その後、漫画しか読まなくなり、

小説を読んでも2~3ページで挫折。

高校では国語の成績の悪さがずっと続き

それを見かねた国語の先生から、

「新聞のコラムを切り取って要約して持ってきなさい」と言われ、

それを毎日続けていました。

そのおかげもあって、

国語が好きになっていった経験もあります。

 

本というのは、開いて最初の一行目を読んだ時から

その世界に入ることができ、

私はその時間がとても好きです。

そして、本との出会いで、

人生を変えるきっかになったこともありました。

ふと入った古本屋。

何気なく選んだ、缶コーヒーよりも安い本。

その本を読んだことがきっかけで、

自分が変わるきっかけになりました。

そこから学んだことは今でも生きています。

 

本は開くことがなければただの置物ですが、

その中には、学びや想像力を掻き立てる内容が

沢山あります。

そして、小さい頃、

お家の方や先生から読んでもらった本は

子供の思い出になります。

休日や平日のちょっとした時間に、

是非、読み聞かせをしてあげてください。

きっと子供達は本が大好きになっていくと思います。

二学期も残り三週間、

風邪などひかないようお過ごしください!

NEW

ホームへ戻る >