BLOG

森の木幼稚園 初めてのおつかい&嬉しいご報告(松尾)

12月に入ってさらに寒くなり

早いもので令和3年も1ヶ月ありません

暗くなるのも早くなり

あちらこちらで

クリスマスのイルミネーション

クリスマス飾りなど目にするようになりました

子ども達にとっては待ち遠しいクリスマスそして正月

大人は…年始を迎える準備

慌ただしい年末にならないように

今年こそは!と思いつつも

なかなか思うようにはいきません!

 

さて、おつかいの話です

家の近くに精肉店があります

娘が行くと

顔を見るなり「いつものね」と言われるそうです

私が行くと、同じものを買っていても

「何にしますか?」って毎回言われます

そして

息子に初めておつかいに行かせました

量り売りなので

もちろん注文しないと買えません

「こんにちは」って大きな声で言わないと

気づいてもらえない可能性もあります

いつもは姉についていけばよかっただけなので

行く前にはドキドキしていましたが

買って帰ってきた時の一言

「いつでもおつかいに行くよ」

それからは

おつかいも喜んで行っていますが

まだ、覚えてもらってはいないようです!

今は、セルフレジを使ったり

キャッシュレス決済したりすると

店員さんと会話せずに買い物ができます

お店屋さんごっこのように

注文して、お金のやりとりなどの経験ができる

このような経験を大事にしていきます

最後に嬉しい報告があります

7月に退職しました熊谷先生が

12月3日に

無事に双子の女の子を出産しました

おめでとうございます

母子ともに健康だそうです

会いに来てくれるのを楽しみにしています

NEW

ホームへ戻る >