BLOG

森の木幼稚園 拾った人だけがわかること【鷹取】

今日は久しぶりにお薦めの本です。

その本とは?

『なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?』です。

 

この本は実話をベースとした「そうじ小説」です。

ストーリーは

あるサラリーマンが、公園でみかけた“掃除をしている老人”と出会います。

そして一個の缶を拾うことで彼の人生が大きく変わっていきます。

 

なぜ掃除をすると人生が変わるのか?

それは

ゴミを1つ拾う者は、大切な何かを1つ拾っているから

 

そして、その得られるものとは何か?

それは、掃除をした人だけがわかり

掃除をしない人にはわからないもの

だそうです。

 

この先は、本を読まれてみてください。

 

小説といってあなどれません。

読んだ後、急に見えていなかったゴミまで見えてくるような気がします。

 

掃除は、日常であたりまえであることだけに

大切にしていきたいものだと改めて感じました。

souji0708.jpg

NEW

ホームへ戻る >