理事長BLOG

たけしのつぶやき 乗り越えた壁

「きつくもあり、苦しくもあり、迷いもありました。今までこれほどまでに時間を費やし、物事を考えたことはなかったです」

そんなことを率直に語ってくれた、ある学年リーダーの話

 

発表会のプレゼンで何をしたいのかが明確でなく

安易に過去の踏襲した内容で提案してきた

「何がしたいの」

「何を見せたいの」

「なぜこの曲を使うの」

と私の質問に対して曖昧にしか答えることしかできなかった

そこからがスタート

「考えなおして来い💢」と言えたのは10年位前までか

今は「共に考える」ことが必要

出てきたアイデアを活かしつつ、より良きものに導いていく

このプロセスにはとても時間がかかる

しかし、ここを絶対に端折ってはいけない

先生達の考える機会を奪ってしまい

先生達の実力がつかないまま経験年数だけを重ねてしまう

同時に先生達の心身のスタミナ、帰る時間も考えながらやらないといけない

でも、少しの無理を重ね、そこに費やす時間が先生達の骨肉になる

 

最終的に発表会でやるものが明確になった時の表情には

充実感が溢れているように私は見えた。

私は心の中で

「辛い経験を乗り切り、結果を出すことが何よりも「自信」につながるんだぞ」と

前さえ向いていれば乗り越えられない壁は来ない

この言葉を実践した先生達は、発表会終了後に感動を味わえるであろう。

NEW

ホームへ戻る >