理事長BLOG

たけしのつぶやき ハニカミ王子

プロゴルファー石川遼選手の快進撃が続いています。

遼君のインタビューを聞くていると

「どうしたらあんないい子に育つのだろうか」と思っています。

『日経KIDS+』に遼君のお父さんの記事が載っていたので紹介しますね!

 

遼君は先生や指導者に恵まれていると思っているそうです。

しかし、その指導者からよりよい指導を受けるのにもコツがある。それは

 

「親が指導者敬意をはらうこと」だそうです。

親が敬意を払えば子どもは敬意を払う。

敬意を払われた人は誠心誠意で応えてくれる。

「親の教えられることには限りがある。それ以上のことを学んでほしければ、“教わり方”を教えなければならない。上手な教わり方を身につければ、どんなことにも応用できて、親がいなくても一人で学べるようになる。それこそが生きていくために重要な力。親は財産よりも生き方を残すべき」

 

と・・・力を込めて語ってありました。

本当にその通り!遼君の謙虚さよくわかるお父様の考え方ですね。

私も仕事では教える立場

我が子のことになると学ぶ立場

かなり勉強になりました!

photo_15457.jpg

 

NEW

ホームへ戻る >