理事長BLOG

たけしのつぶやき シローズタケシ研究家

「この子は何に引っかかってできないのか?」

そこを見極めて適切な言葉を掛けたり、適切な環境を設定したりするのが我々の保育

しかし、毎日子どもと接していると

つい、先入観が邪魔をしたり、できない理由を一つに絞りすぎたりして

うまくいかなくなり、日々葛藤と悩みを交互に繰り返す

だから第三者の目で観ることも時には必要

そんな時に年数回来園して頂くのがコスモスポーツクラブの潮平先生

潮平先生は先生達に様々なアドバイスをその場でやってくれる

また、それがなぜ必要なのかも理論的に教えてくれる

そして、『白水剛研究家』でもある

ブログも全て目通してくれているし、会えば

「なぜそうしたのか」や「なぜそう考えることができるのか」の質問責めにあう

頭の悪い私はほとんど直感でやっていることが多く、答えに窮することも度々あるが

その都度、自分を振り返る機会にもなっている

潮平先生と先生達の話し合いを見ていると

「この子をできるようにさせたい」という想いと、できるようにさせる様々な手法が交錯する

情熱を技術に変える時間を共に過ごせるのは幸せである

NEW

ホームへ戻る >