教育目標

ANY CHILD CAN DO

子どもの無限の可能性を引き出すために、
どの子もできることを信じ、
けじめのある
クラス経営を行い、森っ子・くすっ子・もみっ子の心を育成する。

子どもには、無限の可能性があります

毎日楽しく過ごしているだけでは、
子どもの可能性は広がりません。

できる事を一つひとつ増やし、
子どもの無限の可能性を引き出す事、
それが私達の使命です。

「ANY CHILD CAN DO」
~どの子もできる~
私達は、本気で信じています。

森っ子・くすっ子・もみっ子の心を
「運動・知育・感性」の三つの保育の柱で育てていくこと。
そして、子どもの活動は全て「遊び」であり私達は「楽しさ」を忘れてはいけない。

森っ子 ※「森っ子」は、くすの木幼稚園では「くすっ子」に、もみの木幼稚園では「もみっ子」になります。

ここに掲げている六つの事

『素直』『しつけ』『誠実』『正義』『根性』そして、子育ての目標である『自立』。
人として生きていく上で欠いてはならないものであることは、誰もが理解できることです。
しかし、理解できることと身につけ行動できることは、必ずしも同じではありません。理解できたことを行動に移そうとする時こそが、心が成長する時なのです。それは、一人の人間として行動しようとする力。 人として生きていくための全ての源です。

「しつけ」は心を育てる基本です。

日本人としての基本とも言えるこの3つは、
子どもにしっかりと身につけてほしいことです。

自分から挨拶する

相手の顔を見て自分から挨拶をすること、名前を呼ばれたらきちんと返事ができること、それが、素直な心を育みます。

姿勢よく座る

正しい姿勢で立つこと、座ることができると、集中力も高まり話も聞けます。ピンと伸びた背中は、健康な発育の一歩でもあります。

履物を揃える

脱いだ靴を揃える、立ったら椅子をいれる、整理整頓。まずは、ここをしっかりと。けじめを持った行動が、正しい行動へと繋がります。

ホームへ戻る >