理事長BLOG

たけしのつぶやき 男はカッコよく・・・

農作業中の不慮の事故で両手を失い、今は熊本県で「風の丘」という美術館をされている詩人・画家の大野勝彦さんの中で一番好きな作品を紹介致します。

男はカッコよく生きらねばならぬ

 

たとえこけても起き上がる時は

ニコッと笑って立たねばならぬ

腹が減ったと泣く子がいたら

自分は何日食べていまいと

これでパンでも買いなと

最後の百円玉を差し出さねばならぬ

よろけながら歩いていても

蟻さんが通る時は

踏まないようにせねばならぬ

親を心配させたり泣かせたり

決してしてはならぬ

そして一番難しいのは

身近な人へのありがとうだ

そんなの恥ずかしいカッコ悪いと

思っているうちは男になれない

男はカッコよく生きらねばならない

たとえ気づかぬ人がいたとしても

黙って待ってあげる

やさしさを持たねばならぬ

 

僕は息子にこずかいをやる前に読ませています。いずれ、子ども達にも伝えたいと思っています。

NEW

ホームへ戻る >