理事長BLOG

たけしのつぶやき 鯉とりまあしゃん

小さい頃、母方の実家の豪華料理は「鯉こく」。
 
親戚が集まる時には祖父とともに、鯉が売っている店までトボトボと歩きながら
 
鯉を数匹買い、祖母が鯉こくを作ってくれていました。
 
川魚のなんともいえない食感と臭いと骨の多さ。
 
「鯉が一番おいしいとよ」と祖母から教えられた味だから覚えています。
 
そんなわけで、急に鯉こくが食べたくなり・・・・
 
鯉といえば!!!
MA
伝説の 「鯉とりまあしゃん!」 凄い写真だ!どうなってんだ?
 
口の中に!両脇に!鯉がいる、しかも素手!
 
鯉とりまあしゃんの店 「鯉の巣本店」 BY 田主丸です。
 
美味しかったですね
12-1
鯉のあらい&鯉こく。懐かしい味。
 
鮎&うなぎも絶品。。。よか休日でした。
 
鯉とりまあしゃんはYouTubeでも見れます。素手で鯉を取る映像がありえない。
 
そして、まあしゃんは女にもてた(You Tubeで自ら語っていた・・・)
 
全盛期には8人の女性がいたそうで・・・
 
鯉とりまあしゃんは・・・・実は 『とりまあしゃんだった・・・?!』
 
 
さて、店内で末娘のつぶやき
 
娘 「この店ってさあ、魚のスタンプがいっぱいやね」
 
父 「それは魚拓と言うんだよ・・・」
 
発想が面白いですね。
DSC_0317

NEW

ホームへ戻る >