理事長BLOG

たけしのつぶやき 雨ニモマケズ・・・

残念ながら森の木運動会は順延。
 
先生達は順延と決まった時点で気持ちを切り替えていました。
 
運動会の順延はここ数年はjありませんが、いつも思い出すことがあります。
 
実は・・・10数年前に僕は思い出したくもない経験をしました。それは・・・
 
早朝、雨がぱらつくものの 降水確率 AM 40% PM 20% 
 
気象台に直接問い合わせても雨が強く降る可能性は低いという情報
 
天気は回復の方向と考え「決行」を決断。
 
しかし、プログラム一番 全園児体操の途中でまさかの土砂降り。
 
中止。
 
保護者から様々な意見を頂く。
 
僕は「すみません」・・・と口では言うものの、心の中は
 
「しょうがなかろうもん」というのが本音。
 
翌日は降水確率20%。当然決行!
 
しかし、8時頃にまさかの土砂降り・・・
 
僕はもう逃げ出したい・・・それが本音。指示は「待機」と言うのが精いっぱい
 
しかし、雨が小雨になると職員が保護者が自らスポンジでグランドを水をすくいだしています。
 
その光景が目に焼き付いています。
 
これほど「ありがたい」と感じたことはありませんでした。
 
みんなで水たまりをなくし、開始時刻が少し遅れただけで何とか終了。
 
当時の私はTOPとしての覚悟が足りない園長でした。
 
でも、、今同じ状況になったら的確な決断ができるかどうかはわかりません。
 
ただ、どんな結果になっても受け止める覚悟だけはあります。
 
運動会の雨・・・私は、いつもこの時のシャバイ自分を思い出します。
 
明日天気になあれ!
imageteruteru

NEW

ホームへ戻る >