BLOG

くすの木学童塾 楽しく、けじめのある毎日を!

三月三十一日、無事に卒塾式を執り行いました。小学校のことも学童塾のことも、何も分からずスタートした三年前…。まだ可愛らしさばかりの子ども達でしたが、しっかりとした姿で卒塾しました。

 くすの木学童塾では、三年生になるとリーダーとサブリーダーを決めます。その二人には責任感を持ってもらう為に、様々な頼みごとをしたり、みんなを代表して挨拶をしたりする機会を与えています。リーダーに任命されると、三年生の一年間でとても頼もしい姿に成長します。しかし、それはリーダーに限ったことではなく、最後の一年は、どの子も三年生が引っ張っていくという自覚を持ち、グンと成長を感じます。子どもは、責任を与えることでその自覚を持ち、やり遂げることで自信をつけていきます。それを繰り返すことで、自分から進んで行動を起こせるようになっていきます。

学童塾では、初めは何も分からないので、聞きに来るように言っています。上級生がつい気を利かせて代わりに言ってあげることもありますが、そこは上級生にもきちんと伝え、自分のことは自分で、という習慣をつけていきます。しばらくすると、どうしたらいいのかを自分で考えられるようになり、そして、下級生にもそれを教えている姿が見られます。三年生になると私の考えをほぼ理解し行動してくれて、毎年本当に頼もしい存在になってくれます。

 さあ、新しい一年生を迎え、学年が一つずつ上がり、新しいリーダー、サブリーダーも決まりました。でもやはり、三年生全員がリーダーの気持ちで、学童塾を引っ張っていってもらいたいと思っています!

 くすの木学童塾では、上記にあります『掟』を掲げ、毎日唱え、しっかり心を育てていくことを目的にしています。勉強をすることはもちろんですが、『勉強を通して学んでいくこと』の方を重視しています。

・目標を持ち、それに向かって友達と一緒に頑張ること

・小さな努力を積み重ねていくこと

・悔しい経験や達成感を味わうこと

・勉強をする中で、集中力をつけること

・勉強と遊びの切り替えをし、けじめをつけること

などを、子ども達が毎日の生活の中で実感していって欲しいと思っています。…とは言っても、毎日毎日通う学童塾ですので、何と言っても一番は「楽しく!」です。友達と一緒に色々なことを知るのが楽しい!勉強って楽しいかも!と感じることができる毎日にしていきます。

 これから少しずつ学童塾での暗黙のルールなどを伝えていきます…笑。楽しみにしていてくださいね!

くすの木学童塾 白水 奈々子

NEW

ホームへ戻る >