BLOG

くすの木学童塾 今の環境を大切に

新しい年を迎えました。年末年始は、いかがお過ごしでしたでしょうか。

親戚や友人で集まるなど、楽しい時間を過ごす機会の多い冬休みですが、実は勉強をするには、一番いい休みだと言われています。それは、年末年始の休みでおうちの方が家にいるのが多くなる事で、勉強を見る時間がとれるから。「宿題終わった?」「勉強は?」と言うより、一緒にリビングの机で読書などをすることで、子どもの勉強もはかどるかもしれませんね。

 

今年度も残すところ三ヶ月を切りました。学童塾では、それぞれが目標に向かって毎日取り組んでいますが、まだまだ余力はあると感じます。せっかく、友達と一緒に頑張り、競争できる環境にいるので、それをもっと活かせるように働きかけていきます。努力して頑張った先にある、目標達成という喜びをみんなにもっと味わって欲しいです。ただ、それは簡単に達成できるものではなく、時には挫折をしながら向かっていくものです。学童塾で過ごす毎日が無駄にならないように、特に三年生は残りの日々が今までよりもっと充実したものになるように、一緒に頑張ります。

 

幼稚園と学童塾で過ごすのは6~7年ですが、将来を左右する大切な時期だと思っています。その時期を共に過ごすことに責任を感じ、子ども達の将来のために私達も必死に考えていきます。『生きる力をつける』と言葉にするのは簡単ですが、その力は具体的に何なのか、そしてその力をつけるためには、どう関わっていけばいいのか、常に考えていきます。

将来、子どもが自分自身で人生を切り開いていく力を今から蓄えていけるように・・・今年も頑張ります!

NEW

ホームへ戻る >