BLOG

くすの木学童塾 キャンプでできたこと、家でもできるよね

待ちに待った、学童キャンプ!この夏は酷暑に見舞われましたが、キャンプ期間中は、さわやかな風も吹き、絶好のキャンプ日和でした。楽しかった内容は子ども達の絵日記をお読みくださいね。

今年は、天拝山登山に変更した為、子ども達にとっては楽勝?だったようです。
また、午後の活動も川遊びやスイカ割りなど盛りだくさんで、十分満喫できた様子でした。何といっても、毎日顔を合わせ、気の置けないメンバーとのキャンプというだけあって、いつでもどこでもワイワイ楽しそうでした。そして、いざ夕食の準備、片付けとなると一人ひとりが自分にできることを探し動く姿も見られました。自分たちで作ったご飯を食べる、その片付けもする、お風呂や就寝、朝の着替えの準備など全部自分たちですることができました。
また、洋服にケチャップがついて、すぐにもみ洗いをする子たちもいました。事前に三年生には、三年生全員がリーダーとして動くように話をしていました。そして、その一番の仕事は、『点呼』です。移動するたび点呼をとる姿が見られ、責任を与えることの大切さを感じました。きっと今の二年生は、来年は自分たちが…と思っていたことでしょう。

何でも自分でできるハズ!の子ども達ですが、「家のご飯は自分でついでる~?パンは自分で焼いてる~?」の質問に自信をもって手を挙げたのは、ほんの数名…。ちょっと残念です。キャンプだけにとどめず、できることはさせ、脱甘え!の自覚をさせていきましょう!

NEW

ARCHIVE

ホームへ戻る >