保護者からの応援メッセージ

保護者の応援 レスリング大会を終えて

年長組レスリング大会終了後、嬉しいメールをいただきました。私達職員もとても励みになりましたのでいくつか紹介致します。また、今後も幼稚園での嬉しかったことや行事の感想などメールでいただけるととても嬉しいです!
※ 書面の都合上、一部文面を省略させていただいております

〔お父様より〕
今回、どの子も強くなっていて簡単な試合は一つもなかったなと、くすっ子全員の成長ぶりにびっくりして、熱くなりました。結果はにじ組2連覇でしたが、あの昼休みの先生のペップトークがあったおかげだと思いますよ。気合い入りましたもんね。
家に帰ってから、「一生懸命やっても負けることもある。この負ける悔しさは忘れちゃいけない。でも、他の子たちが頑張って勝ってくれたから優勝できた。自分がダメでもカバーしてくれる。だから、他の子がダメなときは自分がカバーするんだ。それでこそチームなんだよ。」なんてことも話ができました。
そういうことも学ぶ機会を与えてくれるくすの木に感謝です。我が子の成長ぶりがまぶしく感じ、つくづく先生方のおかげだなと感謝ですよー、本当に。今後ともよろしくお願いします。

〔お父様より〕
本番前から担任の先生の声掛けに、男子も女子もクラス一丸となって決起している様子を見るだけでこちらまで身が引き締まる思いでした。本番ではどの子も粘り強くて終始白熱した試合運びに、でも試合中は冷静な担任の先生。そのおかげで男子も冷静かつ情熱的に闘えたんじゃないでしょうか!?
そして、この大会がたくさんの先生方の尽力によって成り立っていることにも重ねて感謝致します。ありがとうございました。

〔お母様より〕
今年の7月に負けた後、大会後に担任の先生が「レスリングの悔しさはレスリングで晴らす」との言葉から四ヶ月。子ども達は目に見えるほど成長していました。そんな我が子がレスリング大会の前日にこんなことを言ってきました。「お母さん。勇気はここ(胸に手をあてて)にあるとよ。」驚きました。担任の先生に教えてもらったとの事。運動会の後から心の成長を感じるところが多々ありましたが、こんな短期間で勇気を持って闘える男の子になってくれるとは。涙を隠せませんでした。
改めて、この様な体験をさせて頂ける園に出会えて良かったと思います。園長先生をはじめ、各先生方にも御礼を伝えたいと思い一筆したためさせて頂きました。
これから寒さが厳しくなってきますので皆様方お体にご自愛ください。

NEW

ホームへ戻る >